司書講習・司書補講習


平成29年度司書・司書補講習の受付は終了いたしました。
多数のお申込をいただき、誠にありがとうございました。



鶴見大学の司書・司書補講習は、昭和29年の開講以来既に半世紀を越え、この間多くの修了者を輩出し、そして修了者の全国の図書館における活躍が、この講座への信頼を生み出しています。
この機会に、図書館職員として必要な資格を、ぜひ取得されるようにおすすめします。

司書・司書補とは
司書とは、「図書館法」で定められた公立や私立の公共図書館で働く専門的職員で、司書補は司書の職務を補助します。図書館資料の収集、整理、保存、提供や、参考調査(レファレンス)、他の図書館との連携・協力など、図書館利用者の要求に応ずるためのあらゆる専門的業務を担います。

講習の5つのポイント
1.恵まれた環境、整った設備−『大学ランキング』( 朝日新聞出版) の大学図書館ランキングで毎年上位にランキング!

2.駅から近くて、受講に便利−主会場はJR鶴見駅から徒歩1分!

3.パソコン初心者講習の開講−1回90分全10回、希望制、参加費無料!

4.特別講演会の開催−入場自由、参加費無料!


5.女子学生寮の利用―女性限定、全期間宿泊者対象、人数制限選考有り、寮則厳守

受講を検討しているみなさんへ

約2ヶ月間の講習で必要な単位を修得し、是非とも司書・司書補の資格を取得してみませんか。
図書館に勤務するためだけではなく、今後ますます情報が氾濫する社会において必要とされる、情報管理や資料整理などの知識を学ぶことができる講習です。

講習を担当する先生の紹介と、講習を受講する皆さんへのメッセージがあります。是非こちらもご覧ください。

図書館司書・司書補講習ブログ

トップ

(C)Tsurumi University