日本文学科


古今の貴重な文献にふれながら表現の本質に迫ります。

言葉とは社会、人間生活、文化の基礎。
つまり、日本文学を学ぶということは、社会全体の根幹を見つめ直すことです。
原点となる資料を読むために古典や漢文を含めて一から基礎を学び、
日本語と日本文学の本質を探っていきます。
自ら考え、発見する楽しさを知り、言葉のあらゆる能力を磨くことができる学科です。

日本文学科の学びのPOINT
  1. 日本語、日本文学の基礎を見つめ直すことで、社会のどこででも活躍できる人に。
  2. 奈良時代から現代まで、あらゆる時代の文学を専門の教員が指導。
  3. 全国屈指の図書館を授業や研究に活用。充実の資料や貴重な古文書を扱える。
  4. 国語科教員だけでなく書道科教員の免許取得も可能。
  5. 少人数クラスで、きめ細かな指導と密なコミュニケーションを実現。

こんな力が身につきます
文学は人の心を理解するカギ、言葉は表現に不可欠な道具です。それらを鍛えることで、文化、社会、人間への理解を深め、問題の発見力と解決力、正しい判断力が身につきます。また学問の探究によって、意味を読みとる力、文献を調査しまとめる力、考えを発表する力が育ち、社会生活での高いコミュニケーション能力が得られます。

日本文学科で取得できる資格
中学校教諭一種免許状(国語)
高等学校教諭一種免許状(国語)(書道)
図書館司書
司書教諭
博物館学芸員

本学科では、中学校および高等学校の教員を志望する学生のために、卒業と同時に「中学校教諭一種免許状(国語)」「高等学校教諭一種免許状(国語)(書道)」が取得できる教職課程および「図書館司書」や「司書教諭」の資格を取得することができる司書・司書教諭課程が開講されています。また、人文系学芸員の養成課程が開設されており、博物館学芸員の資格を取得できます。ただしこれらは、卒業に必要な単位を修得するだけでなく、各資格所定の科目の単位を修得する必要があります。

トップ

(C)Tsurumi University