歯科衛生科


患者さん、子どもたち、お年寄りにふれることで技術と自覚が磨かれます。

歯科予防処置、歯科保健指導、歯科診療補助の三大業務に加え、高齢者や障がい者への訪問歯科診療、咀嚼が困難な方への口腔ケアなど、役割が広がる歯科衛生士。本科では口腔だけでなく全身の医療知識を修得する科目群や、充実の歯科臨床実習、臨地実習、教育設備を用意しています。
歯科診療にとどまらず、医療・保健・福祉の現場でも活躍できる、+αの力をもつ歯科衛生士を育てています。

歯科衛生科の学びのPOINT
  1. 歯学部と連携したカリキュラムで最先端の歯科医療を学修。
  2. 歯学部附属病院や卒業生のいる歯科医院など歯科臨床実習が充実。
  3. 福祉関連の科目があり、介護職員初任者研修修了者の資格を取得可能。
  4. 万全の国家試験対策で、昼間部教育機関で全国1位の合格者数。
  5. 「歯を磨くことは心を磨くこと」との禅の教えが教育の基本。
  6. 多数の教員&最新設備など、恵まれた学修環境。

こんな力が身につきます
口腔の理解には、全身への理解が必要です。そのため歯科衛生科では、基礎医学の修得にも力を入れています。充実した実習環境を通して、現場で活かせる実践力を醸成し、禅の教えにもとづく心の教育で、人間性豊かな歯科衛生士を育てます。

歯科衛生科で取得できる資格
歯科衛生士試験受験資格

歯科衛生士は、法律で定められた国家資格の歯科医療専門職で、歯科医師の診療補助、歯石除去、ブラッシング指導のほか、食べ物の咀嚼が困難な方への口腔ケアなどを行います。歯科衛生士になるには、文部科学省、厚生労働省の指定を受けた3年制以上の養成校を卒業し、国家試験に合格する必要がありますが、受験に必要な科目すべてを学べる当科の合格率は高く、卒業生のほとんどが歯科衛生士として活躍しています。選択科目には介護職員初任者研修修了者の資格が取れる科目を準備しています。また、卒業予定者ならびに卒業生は、歯学部への編入学試験受験資格が与えられ、歯学部2年生への編入学の途も拓かれています。

トップ

(C)Tsurumi University